本文へスキップ

眠っている能力を目覚めさせるコンクール

電話でのお問い合わせはTEL.03-5575-5556

審査員judge

審査員長


鈴木  直敏
Naotoshi Suzuki

松本深志高校在学中より松本市青木千枝子バレエ教室にてバレエを始める 1969年 江川明氏に師事 1970年 日本バレエ協会公演「伯爵家の舞踏会」にてデビュー以来、松山バレエ団、谷桃子バレエ団、貝谷バレエ団等のバレエ団にゲスト出演 1977年 牧阿佐美バレヱ団入団 1978年 牧阿佐美バレヱ団ヨーロッパ公演出演 1978~79年、1986年 ヨーロッパ研修。主にパリにて元パリ・オペラ座芸術監督レイモン・フランケッティに師事。ドイツ、フンクフルトバレエ団、ドュッセルドルフバレエ団等で研修 1999年 ニューヨーク研修 現在に至るまで牧阿佐美バレヱ団にて、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「ラ・シルフィード」「ロミオとジュリエット」「リーズの結婚」「ジゼル」「ドン・キホーテ」「コッペリア」「三銃士」等の作品に出演。日中友好クラシックバレエコンクールなど多くのコンクールの審査員を務める。埼玉県全国舞踊コンクール東京新聞社賞受賞。早稲田大学英米文学科卒業 鈴木直敏・恵子バレエスクール ”ル・プルミエユースバレエ” 主宰 牧阿佐美バレヱ団団員。NBAバレエ団理事 品川プリンスホテル コッペリアARTIST SCHOOL バレエ講師。

審査員



キミホ・ハルバート
Kimiho Hulbert

ベルギー生まれのイギリス人。5歳より岸辺光代のもとでバレエを始め、アントワープバレエ学校 (ベルギー)を経て、94年コロラドバレエ団(アメリカ)入団。97年帰国後は、新国立劇場バレエ団入団(9709年)。1999よりフリーとして日本バレエ協会公演などで活躍する一方、振付家としての活動を開始。01年自身で振付・演出を手がけ、ダンサーとしても参加する『UNIT KIMIHO』結成。07UNIT KIMIHO初の自主公演「GARDEN OF VISIONS」を開催後、オン★ステージ新聞アンケートによる新人振付家ベスト1に選出される。09年青山円形劇場にて「White Fields」。10年トヨタ コレオグラフィーアワード 2010オーディエンス賞受賞。その他「MANON」、「Beauties and Beasts」、「Le Sacre du Printemps(春の祭典)などをこれまでに発表。第47(2015年度)舞踊批評家協会賞—新人賞受賞。カンパニー活動の他、日本バレエ協会、新国立劇場(オペラ、バレエ団、バレエ研修)や国内の様々なバレエ団等で作品を上演。堤幸彦監督映画「溺れる魚」の振付、劇団昴「夏の夜の夢」、Willy Decker演出 新国立劇場オペラ「軍人たち」振付、田尾下哲演出ミュージカル「Bonnie and Clyde」、「The Club」、「リゴレット」(オペラ)振付、Johnson and Johnson CM、アンジェラ・アキ等のPVCM他、舞台以外でも振付活動を行い、海外では韓国、ベルギー、オランダ、マレーシアなどにも招待され作品を発表している。また、若いダンサーの育成にも力を入れ、コンテンポラリークラスやコンクールバリエーション振付を担当。現在はクラシックバレエとコンテンポラリーバレエの両方踊るダンサー&振付家として日本で活躍中。


小林 洋壱
Yoichi Kobayashi

1992年 長野バレエ団にて倉島照代に師事1995年 イングリッシュナショナルバレエスクール へ留学2000年 帰国後、理学療法士免許取得2001年 東京シティ・バレエ団に入団。以降、「ジゼル」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「コッペリア」などの古典作品、また多くの創作、コンテンポラリー作品で主演。同時に、振付家、公演監督などを務める。2015年より東京シティ・バレエ団理事、芸術監督補佐。洗足学園音楽大学バレエコース講師。 お茶の水女子大学芸術・表現行動学科舞踊教育学コース講師。橘秋子記念財団奨学生。文化庁新進芸術家国内研修員 。国内の様々なコンクールの審査員を務める。日本バレエ協会、NBAバレエ団、バレエシャンブルウエスト、山本禮子バレエ団、井上バレエ 団、 ABC-Tokyo、現代舞踊協会等の公演に主役としてゲスト出演。ジョージ・バランシン、リン・チャールズ、ウヴェ・ショルツ、ヴラドミール・アンジェロフ、 オリビエ ウェーバー、などの作家の作品に出演。 リン・チャールズ、ヤンヤン・タン、中村祥子 などのパートナーを務め、海外でも多く活躍している。日本バレエ協会公演、舞踊作家協会公演、海外のフェスティバルなどで振付作品を発表。 また、リッツ・カールトン、東京モーターショー、ファッションショーなどイベントやチャリティー公演、ダンス公演の企画、構成、演出、振付、出演に多く携わる。ヤマハエレクトーンシティ渋谷の協力により、2013 年以降、「ELEVEN」「TWELVE」「First Contact 」「ALL FOR ONE」「Circle of Life」を主催


高野 知美
Tomomi Takano

1978年、久保栄治・陽子バレエ研究所にてバレエを始める。
1986年、チャイコフスー記念東京バレエ学校に入所。
1988年 埼玉全国バレエコンクール第1位
1989年、東京シティバレエ団入団。
入団後、クラシック・創作作品の数々でソリスト・プリンシパルとして活躍し、「くるみ割り人形全幕」「コッペリア全幕」主演、中島伸欣作品で数多く主役を務める。
1995年 橘 秋子記念財団奨学生。
1997年 文化庁芸術在外研修員として一年間、カナダロイヤルウイニッペグバレエ団、ニューヨークにて研修。
2001年、東京シティバレエ団・チャイコフスキー記念東京バレエ団・牧阿佐美バレヱ団・スターダンサーズバレエ団の
四大バレエ団共演において中島伸欣振付「フィジカル・ノイズ」に主演し高い評価を得る。
石田種生振付「雪女幻想」に主演。
青山バレエフェスティバル出演。
他、藤原歌劇団のオペラ、新国立劇場オペラに出演。
2002年、現役を引退後、各方面でバレエ講師を務める。
2010年 NBA全国バレエコンクール審査員。
2011年 NBA全国プレコンクール審査員。



永橋 あゆみ
Ayumi Nagahashi

谷桃子バレエ団 プリンシパル

1982年、2歳より、母永橋由美のもとでバレエを始める。山本禮子、野村理子に師事。
1999年、谷桃子バレエ団入団。
2001年、Kバレエ カンパニー「ジゼル」全国ツアーに参加し、パ・ド・シス等を踊る。
2002年、「白鳥の湖」全幕にてオデット/オディールを踊り、主役デビュー。
以後、バレエ団の全てのレパートリーにて主役を踊る。
「白鳥の湖」(オデット/オディール)、「ジゼル」「ドン・キホーテ」「リゼット」「ラ・バヤデール」「くるみ割り人形」クルベリ版「ロメオとジュリエット」「レ・ミゼラブル」など。
また、2004年には、ルーマニア国立バレエ団の招待を受け、「ジゼル」全幕に主演。
その他、公益財団法人日本バレエ協会主催ヤングバレエフェスティバル「パキータ」主演(2006)同主催都民芸術フェスティバル「ジゼル」全幕主演(2007・2010年)。
歌手AIのINDEPENDENT WOMANのPVに出演。
2000年、橘秋子奨学金受賞。第14回全日本バレエコンクール シニアの部入賞の1位。
2001年第58回全国舞踊コンクール シニアの部第2位、第14回こうべ全国洋舞コンクール シニアの部第3位、第6回北九州&アジア全国洋舞コンクール シニアの部第4位。
2010年中川鋭之助賞受賞。
平成24年度新進芸術家海外研修員としてドイツ・ドレスデン国立歌劇場(Semperoper Ballet)にて研修し帰国。



成澤 淑榮
Yoshie Narisawa

国立モスクワ・クラシカルバレエ団2009年6月国立モスクワ舞踊学校(ボリショイバレエ学校)大学院教師科卒業1979年10月AMスチューデンツ第1期生となる1980年
モナコ短期留学1984年4月橘バレエ学校卒業同年牧阿佐美バレエ団入団1985年東京新聞第42回コンクールにて第3位1987年12月ソ連文化省の招待で国立モスクワクラシカルバレエ団に1年間研修に行く1989年1月国立モスクワ・クラシカルバレエ団にソリストとして入団ソ連(現在ロシア)では初めて日本人が正式にバレエ団に入団した1990年タシケント・ボリショイバレエ団にゲストとして「ドン・キホーテ」「ジゼル」全幕に主演1992年3月牧阿佐美バレエ団35周年記念公演にて「ドン・キホーテ」全幕に主演1992年9月~10月国立モスクワクラシカルバレエ団日本公演に主演「ドン・キホーテ」全幕にイルギス ガリムーリンと主演「白鳥の湖」ナポリをウラジミール マラホフと踊る1994年マヤ プリセツカヤ50周年記念公演「海賊」を踊るその後、現在までモスクワと東京を中心に踊っているその他 アメリカ、イタリア、フランス、ソロバキア、スペインなどの公演に参加している2009年6月国立モスクワ舞踊学校〈通称ボリショイバレエ学校〉大学院教師科卒業豊富な経験を生かし、後進の指導も始めている



黛 香澄
Kasumi Mayuzumi

実行委員長

大阪芸術大学卒業後、映画会社5社主催のコンテストに於いて「ミス映画グランプリ」を受賞して本格的な芸能活動を始め、TV・ドラマ・CM等に多数出演する。
その経験を生かし、2004年日本で初めてとなるバレエダンサーに特化したプロダクション「株式会社バウンドプロモーション」を設立。バレエダンサーの知名度を高めるべく積極的なマネージメント活動を行っている。
また、多くの皆様に支持されるバレリーナの発掘と輩出を目的とした「スリーピング・ビューティー全日本バレエコンクール」の実行委員長も務めている


株式会社バウンドプロモーションプレコン係ビルダークリニック

〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-34
インペリアル赤坂フォラム212
TEL 03-5575-5556
FAX 03-5575-0520